一般社団法人 熊本市薬剤師会
  HOMEへ 会長からのご挨拶 組織図 連絡先 ログイン
 
HOME > 「危険ドラッグ」の危険性について
「危険ドラッグ」の危険性について

ここは、「危険ドラッグ」の危険性について知っていただくためのページです。
1.社会問題となっている危険ドラッグ

「危険ドラッグ」とは、麻薬や覚せい剤等の法律で禁止されている成分とは異なるため一見、「合法ドラッグ」と呼ばれ安全である薬剤のように聞こえますが、実体は、使用した結果、意識がなくなったり、吐き戻したり、けいれんを起こしたり、錯乱状態になったりするなどの恐ろしい薬剤です。体調の異常を起こして救急搬送されるケース、最悪のケースでは死亡例も全国で相次いで発生しており、事件や犯罪に巻き込まれる例もあり、若者を中心にこの危険ドラッグが大変厄介な社会問題となっています。

危険ドラッグとは?
2.危険ドラッグは有害である
最悪の場合死に至ることも

危険ドラッグは、覚醒剤や大麻などの規制薬物に似せて合成された化学物質を含んでおり、法律での規制の網の目をすり抜けた新たな物質が合成されるなど手口が巧妙です。現在は規制されていなくても今後は規制される可能性があります。含まれる成分が有害であることよく理解してください。 覚醒剤などの規制薬物は、心身に及ぼす悪影響などが分かってきていますが、危険ドラッグは製造過程が不確かで何がどれくらい含まれているのか、また、身体にどのような悪影響を及ぼすか全く分からないため、より危険な薬物といえます。

3.危険ドラッグの体への影響

覚醒剤や大麻、危険ドラッグなどの薬物は、脳を刺激して興奮させる作用や脳を鎮める作用、幻聴や幻覚を起こす作用などがあり、「1度だけ」のつもりで使用すると再び同じ感覚を味わいたくなり、繰り返し薬物に手を出してしまうことになります。たった1度の使用でも死につながる危険があります。


危険ドラッグは名前を偽ってあなたを誘います


「合法ハーブ」や「合法アロマ」「バスソルト」など、「合法」とうたい害のないイメージを持たせていますが、覚醒剤や大麻などと同様の化学物質が混ぜ込まれた「危険ドラッグ」なのです。その作用はハーブなどの植物によるものではなく、添加された有害な化学物質によるものです。覚醒剤や大麻などの薬物は、脳や体に様々な悪影響を及ぼします。これらと類似の化学物質を含む危険ドラッグも同じ危険が潜んでいますので吸引して重体になったり、死亡したりするケースも発生してしまうのです。

4.恐ろしい禁断症状と依存
危険ドラッグによって悪循環を繰り返します。

薬物なしでは、イライラや落ち着きのなさ、気分の落ち込みなどの禁断症状が現れ、薬物への欲求はさらにエスカレートしていきます。この苦しさを解消するために、いても立ってもいられなくなり乱用を繰り返すことになります。心も体も薬物に縛られていくため、何が何でも薬物を得ようとする行動が抑えられなくなってきます。これが「依存」です。このような状態になると自分の意志では簡単にやめられなくなってしまいます。

5.危険ドラッグに手を出さない!

危険ドラッグは、安くてしかも簡単に入手できます、そして「合法ハーブ」などと呼んで抵抗感をなくしていることが最大の手口です。危険ドラッグを使用してしまうと、さらに強い刺激を求めて、覚醒剤などの薬物にまで手を出しやすくなってきます。このことから、危険ドラッグは、薬物乱用への入り口となる「ゲートウェイドラッグ」とも呼ばれるのです。規制されていないから大丈夫と安易に思うのはとても危険です。危険ドラッグを使用することは、犯罪にもつながる行為です。危険ドラッグに手を出すことは絶対に止めましょう。

STOP!DRUGS


 
入会のご案内
個人情報承諾書
入会書類
熊本市薬剤師会の会員薬局
個人情報保護方針
免責
「危険ドラッグ」の危険性について
地域に貢献するこども110番事業
薬用植物について
救急調剤について
学校薬剤師とは?
モバイルサイトはこちら
一般社団法人
熊本市薬剤師会
〒860-0811
熊本市中央区本荘5丁目16-1
TEL.096-362-7630
FAX.096-362-0035
E-mail

 
 
ページの先頭へ戻る
   
 
Copyright (C) 1997-2007熊本市薬剤師会. All Rights Reserved.